アメックス&ANAの魅力:アメックス愛好者が綴る旅行とカードの魅力

アメックスとANAをこよなく愛するユーザーによるブログです。アメックスプラチナ・ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールドカード保有。ANAプラチナメンバー1年目とまだまだこれからですが楽しんでいきたいと思います。

アメックスホルダーが少ない理由を主観で考えてみた

皆さんの周りにアメックスホルダーの方ってどのくらいいらっしゃいますかね?

 

私は永遠の0

です…。

 

厳密にいうと妻にはプラチナ・カードとANAアメックスSFCゴールドの家族カードを発行してはいますが、本会員的には私だけです。

 

身近にアメックスホルダーが少ないのは、以下のデータからも実感できます。

【最新版】クレジットカードの発行枚数(会員数)ランキング | mnavi.net

価格.com - クレジットカード 人気ランキング 2023年下半期 総合人気ランキング 一般カード部門|クレジットカード比較

 

どちらのデータでもアメックスは圏外…。

 

知名度は抜群にあるんと思うんですよ。しかし実際ホルダーとしてはここまで少ないのはなんで?と思ったので、今回はその理由について私なりに考えてみました。

 

年会費が高い

はい、まずはこれですし絶対まずこれが大いに関係あると思います。

 

三井住友、楽天、セゾンなど、競合他社のカードにはほとんどの場合「年会費無料」のカードがありますよね。

 

単にキャッシュレスで支払いできて、ちょっとポイントももらえればいいのよという人は、そりゃ年会費無料のカードにしますよね。

 

一方で、アメックスには年会費無料の券種はありません。

 

一番年会費が安いのは「ANAアメックス」でしょうか。年会費7700円です。プロパーのグリーンは月に1100円ですが、年にすると13200円なのでANAアメックスよりは高くなります。

参考:アメックスのクレジットカード一覧 | アメリカン・エキスプレス

 

やはり、1円でも年会費かかると心理的に申し込み躊躇う人が一定数いるのは分かります。

 

また、クレジットカードに年会費払うなんてとんでもない、無料ので十分という方にはアメックスを進めるのはかなり難しい。

 

ただ、これは考え方だとは思いますね。

 

プラチナ・カードでも、確かに年会費として一度に165000円払うのはウッ…と感じますけど、月に15000円払っていると考えたらまぁ…と感じる人もいるのではないでしょうか。

 

私は一応、月に15000円積み立てているので、万が一のときにはこれで払います(笑)

 

使える場所が少ないイメージがなかなか払拭されない

アメックスのデメリットとしてよく挙げられるのが「使える場所が少ない」というものでしょう。

 

確かに、数年前までは実態としてそうだったような気がします。

 

しかし、実際に利用するようになって、個人的には少なくとも国内で使えなかった経験はないですね。

 

店舗での支払いはもちろん、ネットショッピングや公共料金支払いに至るまで、全て問題なく使えています。

 

これもアメックスがJCBとパートナーシップを締結しているおかげもあるんじゃないかなとは思いますね。国内で有力なJCBなら、使えないところはほとんどないでしょう。

参考:アメリカン・エキスプレスが使えるところ|クレジットカードはアメリカン・エキスプレス®(アメックス) (americanexpress.com)

 

むしろ、外資系企業ではありながら、海外のほうが使えなかったことが何回かありました。

 

詳しくは以下の記事でも記載しています。

www.was100.net

 

この使えない場所が多いイメージが一刻も早く払拭されてほしい、そう思って大変微力ながらブログを書いています。

 

アメックスホルダーが増えてほしい!

アメックスは私にとってはとてもよいカードです。

 

ポイントは貯まりやすいし、付帯サービスも他にはない素晴らしいものが多くて魅力的です。

 

この良さが、年会費・使える場所が少ないといったイメージにかき消されている感じが否めません。

 

ぜひですね、まずはグリーンもしくはANAアメックスからでも入会してもらって、この良さを体感してもらえれば非常にうれしいなと思います。

 

アメックスについてのさらにお得な情報、入会方法については公式ラインから↓

友だち追加